資料請求&ご見学 tel:06-6241-0737



大阪市北区、大都市の真ん中に広がる中之島公園。ゆったりと流れる堂島川と土佐堀川の川べりには、明治・大正の面影を残す重厚な歴史建築がいくつも立ち並んでいる。その中でもとりわけ目を引くのが、赤レンガの壁に青銅のドーム屋根が美しい「大阪市中央公会堂」である。1918(大正7)年11月に完成後、コンサートやオペラ、講演会などが次々と開催されるなど、大阪の文化の発信地となってきた。中之島の、そして大阪市のシンボルともいえる公会堂。1918年に竣工して以来、長きにわたり中之島の景観にかかせない美しい建築物である「大阪市中央公会堂」。重要文化財でありながら、どなたにもご利用いただける大変貴重な施設です。
(大阪市中央公会堂ホームページより引用)




私たちは平成17年より中央公会堂での結婚式に携わって参りました。これもひとえに結婚式を挙げられた皆様、ご参列頂いた皆様のご協力の賜物と自負しております。まずこの場を借りて御礼申し上げます。誠にありがとうございます。
これから公会堂での結婚式をお考えの皆様、またご参列の皆様に今一度中央公会堂をご理解頂きたく、ここでご説明させて頂きます。



中央公会堂は重要文化財です。大阪の歴史を守る事にご理解・ご協力をお願い致します。

一般的な結婚式場やホテルに比べると専門の施設ではないため、皆様にご不便をお掛けすることもあるかと存じます。
火気厳禁 / クロークの有無 / 全館及び公会堂周辺での喫煙禁止 等
これらは全て、重要文化財を守るための規制でございます。こうした点を理解頂いた上で是非、「公会堂ウエディング」をご検討ください-

重要文化財だからこそ出来る結婚式をご提案します。結婚式の意味・深さをしかっりとお伝えし、これから過ごすパートナーとお誓いください。


公会堂の創設者である「岩本栄之介」は当時、大阪市に100万円を寄付し(現在の貨幣価値で数十億円)中央公会堂の建設に大きく貢献しました。今日まで長く愛されてきた公会堂は他とは比べ物にならない趣があります。作り込みや付け焼刃の建物ではありません。建物の備品、すべてが重要文化財です。それはどこで写真を撮影しても絵になり、そして独特の雰囲気を表現します。
挙式会場である「特別室」には大阪市の市標、そしてその周りに慶祝の象徴である鳳凰が描かれたステンドグラスが目に飛び込みます。天井に目を移せば、伊邪那岐、伊邪那美が、壁画にも日本・大阪にゆかりの深い神話が数多く描かれております。それらは安易に作られたものでは無く、全て意味を持って、過去の偉人たちが想いを込められた作品です。そんな歴史に囲まれた結婚式はより温かみがあり、お二人はもちろん、参列にも「二人の結婚式」の重みを感じて頂けるでしょう-
←公会堂階段での写真撮影






中央公会堂の魅力をたっぷり収録したイメージビデオ。結婚式当日はどこで撮影しても思い出に残ります 誰でも初めての結婚式 知らずに動くととんでもない事になりかねません
歴史的建造物での写真撮影はどこで撮影しても素敵な画になります 前撮り撮影や当日のスナップ撮影が人気 結婚式場はたくさんあるけど、本当に二人に合った会場はどのようにして選べばいいの?






挙式会場披露宴会場ドレスプランアクセスお問合せ 


542-0081 大阪府大阪市中央区南船場3-3-10エーゼービル7F
【中央公会堂結婚式お問合せ窓口】
マリーシンシア TEL:06-6241-0737 FAX:06-6241-0774
info@marry-sincere.co.jp